有限会社 藤川工務店

土佐材など自然素材を使用した耐震・エコ・省エネの木造注文住宅の設計施工を行う藤川工務店

[1]   2   3   >>   
2022年06月30日(木)

休日

本日は6月最終日となりました。今年も残すところ6か月・・・早いです。

先日の日曜日、久しぶりに香川県の坂出市まで出かけてきました。出かけたというよりは息子を坂出駅まで送って行っただけなんですが。
家から出かけたからには何処かへ寄り道をしたかったのでダム(堰堤)を見に大原町まで足を延ばしてきました(運転手付き)。
この豊稔池堰堤は我が国最初期のコンクリート造溜池堰堤という、りっぱなダムで「おぉ~~!」と見惚れたけど、やはり屋外は暑かったので早々と車に乗り込み帰路に着いてしまいました(-_-;)。

今年は梅雨明けが早く暑い夏が来てしまいましたが熱中症にはくれぐれもお気をつけください。

takahashi

 

2022/06/30 21:15 | プライべート

2022年06月30日(木)

環境保全

 クラインガルテンの近くで農地整備をしています。その合間に管理棟の奥に白髪山を望み写真を撮ってみました。

素晴らしい風景に安らぎました。

2022/06/30 18:16 | 嶺北情報

2022年06月28日(火)

こうちの木の住まいづくり助成事業

何かと値上がりが続く状況下ですが、少し施主様にメリットのある事業を紹介いたします。
それは「こうちの木の住まいづくり助成事業」ですが、大まかに言えば高知県内で建築、リフォームする住宅で構造体若しくは内装仕上げに高知県産材の乾燥木材を使用する場合に手続きをすれば助成金がもらえるという事業です。

今年のこの事業内容では、補助対象部位が増えたのと、助成額がJAS製品(構造計算に対応できる品質の保証された木材)を利用したお宅にはが昨年の金額にプラスされることになりました。

私の家は10数年前に新築しておりますが、構造材は勿論、内装材(床、天井)にも地元の木材(杉)を使っていてます。
屋外では洗濯物が干せないこの時期に室内に干した洗濯物は夕方には乾いているし、日常の暮らしも木の調湿作用で気持ちよく過ごせています。

県の84%を占める森林のある高知県です。この森林を守る上でも、是非高知県産材を使って気持ちのいい住環境にしてはどうですか。

現在、施工中の新築、リフォームでもこの事業を申請しています。


                      工事部 川井

2022/06/28 08:29 | 工事部

2022年06月23日(木)

家づくりナビゲーション Vol.4  ~既存住宅って何?~

既存住宅とは、居住に供されている、または、供されたことのある住宅で、「中古住宅」と同義です。国は、かつての「スクラップ&ビルド」の社会から「いい住宅をつくり、きちんと手入れをして、長く大切に使う」社会へ移行するために、中古住宅ではなく「既存住宅」と呼び、流通の促進に力を入れています。ここでは、中古住宅ではなく、既存住宅と表現して話を進めます。
 
既存住宅とは
品確法、公正競争規約による定めによれば、既存住宅とは「完成後1年以上経過している建物、または完成後1年未満であっても一度でも入居があった建物」をいいます。
 
一方、住宅金融支援機構のフラット35では、完成後2年以内の住宅を新築住宅として扱っており、新築してから2年超が経過した住宅は、入居の有無に関係なく、すべて中古住宅とみなされています。
 
また、不動産広告に「未入居物件」や「築浅物件」という表示がありますが、いずれも既存住宅のことで、取引上や税制上の扱いが新築住宅と異なります。建物の完成後1年以上売れ残っている物件、新築住宅の購入者が何らかの事情で入居しないまま売りに出した物件などの理由が考えられます。また、築後1年未満でも「築浅物件」と表示されているケースは、一度入居があった建物であり、新築とはいえません。
 
国土交通省調査 令和2年度 市場動向調査の中に、興味深い「購入価格と年収倍率」の相関表がありましたので、ご紹介します。既存住宅の平均購入価格は、過去最高の2894万円(土地込み価格)、年収の3.81倍の額、一方、新築注文住宅の平均購入価格は、5359万円(土地込み価格)と年収倍率の6.67倍となっています。既存住宅を選択した方が、初期費用を新築時の55%~60%内で出費を抑えることが出来ると理解できます。
  
中古住宅は、購入時にはすでに築年数が経過しており、一般的に新築住宅に比べて耐久性等も劣ります。そのため、遠くない時期に建て替えや大規模修繕が必要になることも考えられます。2000年に始まった「住宅性能評価制度」を利用した住宅や、2009年に認定を開始した「長期優良住宅」、インスペクション制度、国土交通省主導で2018年に始まった「安心R住宅」制度、中古マンションにおいても、2022年4月に「マンション管理適正評価制度」が始まり、登録されたマンションの管理レベルが情報開示されることになりました。これらの制度が整備され、中古住宅が、消費者にとっても安心な選択基準となっています。気になる既存住宅物件があれば、当社不動産営業本部へお問合せください。
次回は、既存住宅購入時のチェックポイントについて解説します。
 
藤川工務店
不動産営業本部
長田郁彦
 
国土交通省調査 令和2年度 市場動向調査より抜粋国土交通省調査 令和2年度 市場動向調査より抜粋

2022/06/23 19:37 | 不動産事業本部

2022年06月21日(火)

外構工事の一例

施工前施工前
お庭の水たまりが気になるお施主様より、水たまりが気にならないように
表面の土を少し取って、砕石を敷きました!

藤川工務店は木工事のみの会社と思われがちですが、家の基礎から左官、土工事、タイル、木工事、外構と自社の職人にて施工させていただいております。
家の小さなお悩み事でもご相談ください。嶺北地域はもちろん高知市、南国市、香美市なども施工可能エリアとなります。
 

続きを読む...

2022/06/21 20:42 | 施工事例

[1]   2   3   >>