一戸建て木造建築・鉄筋・公共建築…。半世紀の歴史の中で出した答え「家づくりの3つのこだわり」です。

60余年の歴史で様々な建築に関わり、出した答えです。

藤川工務店は、創業から60余年にわたり、鉄筋住宅、公共建築を含め、様々な家づくりに関わってきました。
森や木を育てることから家づくりを考え、人と環境にも優しい質の高い商品の開発を行っていくなかで出した、安心安全な木の家づくりのこだわりです。

南海地震に耐えうる新構造

藤川式コア構造

構造例)オリジナル大黒柱(7寸)嶺北産土佐杉&耐力壁
安心・安全・耐震 コア構造

耐震性を考える時に、揺れに対して耐える壁として、床面積に対して筋交いなどの耐力壁を一定の割合で設置することが定められています。
藤川工務店では、中心部(コア)と4隅に耐力壁を設置することで耐震に対する基準を満たしています。

この構造体によって、耐震での等級で最高ランクである「耐震等級3」を取得しています。

フリープラン

間取りが自由に設定できるフリープランの家づくり
間取り自由のオーダー設計で快適性アップ

藤川式コア構造により、耐力壁のバランスが取れ、間取りが自由に設定できるフリープランの家づくりが可能となりました。
コア構造の周りに壁を入れることで部屋ができ、自由に部屋数を設定できます。
お客様のライフスタイルに合わせたオーダー設計で木の家の楽しみがさらに拡がりを見せています。
間取り例
※プラン次第で自由に間取りを変更できます。

自然素材

嶺北産土佐材を使用した現し工法の梁
嶺北産土佐材を使用したフローリング
エコな自然素材“嶺北産土佐材”

藤川工務店の木の家の構造体には、嶺北産土佐材を利用しています。
嶺北産土佐材は材の持つ色合いが大変良いため、梁(はり)などを見せる“現し工法”を採用しています。
また、お客様のライフスタイルに合わせ、オーダーで土佐の伝統的な壁素材である土佐漆喰や土佐和紙なども利用し、機能とデザインの両立も図っています。