藤川工務店の家は長期優良住宅制度にも対応する地震に強い耐震性・耐久性。安心安全をお届けします。

“世代を超えて暮らせる木の家”の優れた耐震性・耐久性

長期優良住宅

長期優良住宅制度とは、世代を超えて住み継いでいける住宅として、国が質の高い住宅を認定する制度です。
耐震性・耐久性・維持管理・住戸面積・省エネルギー性・居住環境・維持保全の7つの基準において国の基準を上回る住宅に与えられます。

藤川工務店では、“香杉 本格仕様”や“天然創りの家 吉野川”など、次世代まで住み継いでいける、長期優良住宅制度に対応した商品の開発・販売を行っています。

国土交通省 長期優良住宅法関連情報

耐久性

耐久性は劣化対策等級という指標で表され、通常想定される自然条件や維持管理の下で大規模改修工事に至るまでの期間を分けています。

等級1 施工後に大規模改修までの耐久性が25年〜30年 等級2 施工後に大規模改修までの耐久性が50年〜60年 等級3 施工後に大規模改修までの耐久性が75年〜90年

維持管理

維持管理は維持管理対策等級という指標で表され、住宅で長く住む中で日頃のメンテナンスや点検や補修などのしやすさを評価しています。

等級1 等級2、3以外の仕様 等級2 配管などの点検がしやすい仕様 等級3 配管及び掃除口、点検口などが設けられている仕様

省エネルギー性

省エネルギー性は省エネルギー対策等級という指標で評価され、建物の断熱性やエネルギー効率などによって分けられています。

等級1 等級2、3、4以外の仕様 等級2 暖冷房などに使用するエネルギーの小さな削減を義務づける 等級3 暖冷房などに使用するエネルギーの一定程度の削減を義務づける 等級4 暖冷房などに使用するエネルギーの大きな削減を義務づける

藤川工務店の仕様は安心と安全の、耐久性「等級3」維持管理「等級3」省エネルギー性「等級4」に対応しています。

耐震等級


藤川工務店の長期優良住宅認定商品は等級3に対応しています。

等級1 数百年に一度発生する地震(震度7)の地震力に対して倒壊・崩壊せず、数十年に一度発生する地震(震度5強)の地震力に対して損傷しない程度。 等級2 上記の地震力の1.25倍の地震に対抗できる。 等級3 上記の地震力の1.5倍の地震に対抗できる。

それでも不安な方へ

耐震工法アプローチ(地震に住宅が耐える力を向上する)

1、2、3をそれぞれあわせて、更なる構造強化を図ることも出来ます。

  1. 筋交いプラス杉材パネルを使用

    従来の筋交いにプラス杉材パネルを施工し、構造的強化を図ります。
    その特徴 … 設計的に制約がなく杉材を使うことで断熱性が上がります。またパネルをそのまま化粧面として使うこともできます。

  2. 地盤調査もしっかりと実施

    スウェーデン式サウンディング試験という地盤調査を行い適切な基礎を作ります。
    その特徴 … いくら強固な家を作っても基礎が傾いてしまっては長持ちをする家はできません。長年の実績からしっかりとした基礎づくりを行います。

  3. コア構造で家をがっちりと支える

    中心部に耐力壁 ( 地震に耐える壁 ) を作り、家をがっちりと支えます。
    その特徴 … 従来であれば、耐震性と間取りには二者択一の関係がありましたが、コア構造にて自由な間取りと強度を保った住宅の提案が可能となります。